中小企業診断士とは

中小企業診断士とは、どのようなものなのか?②

中小企業診断士と言うと、中小企業を診断、
つまりマルサ的なものを想像する方もいらっしゃいますが、もちろん違います。

国家資格の中でも栄養士や調理師のような「名称独占資格」に当たるため、
法規定による独占業務はありませんが簡単に言うと、経営・業務におけるコンサルタントです。

経営指導や教育訓練業務などがその範疇になります。

中小企業診断士の資格が無くても、こういった業務に携わることが出来ますが、
やはり経営コンサルタントとしての信用・信頼が大きく異なり、
また社団法人中小企業診断協会を中心に、
ネットワーク形成が出来るため、更に業務の幅が広がります。

中小企業診断士の多くは、企業内診断士に留まり、
他の士業(通称さむらい業・弁護士など)に比べると、
独立開業のケースが少ないのも特徴の一つです。

どのような仕事でも同じではありますが、
特に中小企業診断士はコンサルタント業務と言うことで、
コミュニケーション能力が大きく影響するものでもあります。

中小企業診断士同士でコミュニケーションを図ることで情報交換を行うのももちろん、
資格と能力をクライアントに信用させるためには実績ともう一つ、
コミニュケーション能力が必要になるというわけです。

「合格率が高い!」と評判の通信講座を紹介

業界最大手だから出来る合格へのサポートと充実した通信講座です
通信講座

やっぱり通信講座は大手がサポートや教材も充実しています!卒業者の合格実績も十分ですので、本当に合格できるか不安の方にもオススメですよ。

もちろん管理人も「資格の大原」で一発合格に成功しました。難しいというイメージがあったんですが、大原なら驚くほど簡単に合格が可能です。