中小企業診断士 試験問題

中小企業診断士の試験問題の一例

中小企業診断士の資格試験のため、本格的に勉強を始める前に、
実際の試験ではどのような問題が出るのか気になる人もいるでしょう。

中小企業診断士の場合、多角的な視野が必要になるため、経済学だけではなく、
経済政策や企業経営理論、更には財務・会計に新規事業開発など様々な分野があります。
なので一口に「このような問題が出ます」と過去問の一例を挙げるのも難しいのです。

インターネット上に過去問の答練集がありますので、そちらをご覧になると良いでしょう。
問題の一端をこちらで挙げるよりも全体の問題がわかり、凝り固まることも無くなります。

これから資格取得を目指してる方には、敷居は高いかも知れません。
解説はもちろんありますが、やはり「理解している人向け」であることに変わりは無く、
解説も復習といった要素が強いです。

ですが、その空気を感じるには充分です。
今はわからなくとも、勉強を重ねればわかるようにもなり、
勉強の過程においても『あの時の問題はこうだったのか』と理解力もアップします。

特に中小企業診断士は深く経済に関わっている事なので、
ニュースや新聞で出てくる用語などが頻繁に出てくる為、理解し易い面もあると言えます。

「合格率が高い!」と評判の通信講座を紹介

業界最大手だから出来る合格へのサポートと充実した通信講座です
通信講座

やっぱり通信講座は大手がサポートや教材も充実しています!卒業者の合格実績も十分ですので、本当に合格できるか不安の方にもオススメですよ。

もちろん管理人も「資格の大原」で一発合格に成功しました。難しいというイメージがあったんですが、大原なら驚くほど簡単に合格が可能です。