中小企業診断士 資格 難易度

中小企業診断士資格の難易度はどれくらいなのか

中小企業診断士の試験を受けるにあたって、どうしても外せないのが難易度です。
「興味があるだけ」に留まっている人にとっては、ここが一番重要な点かも知れませんね。

中小企業診断士の試験難易度としては、「決して容易ではない」というしかありません。
難しい・易しいという判断は突き詰めれば主観の域を脱してはおらず、
どうしても人によって難易度は変わるものです。

ただし、高校・大学などの入学試験とは大きく異なり、
常に流動的で明日にも激変するかも知れない経済状況も視野に入れたものですので、
そういう意味で「決して容易ではない」という事になります。

試験に一次・二次があり、合格率も低いことから、難易度は高いと考えて良いでしょう。

難易度が高いと聞いて足踏みしてしまう方もいるかも知れませんが、
将来のキャリアアップのために必要な壁だと思ってください。
もちろん中小企業診断士の資格を得たからと言って薔薇色の人生が待ってるわけではなく、
飽くまでも実績が重要視されるため、低収入の中小企業診断士もいます。

ですが資格のための勉強は無意味なことが一つもありません。
そしてこれだけ極めて実務の専門性に関わる勉強は、
自分の描いていた将来とは、また別の面を見つけることも出来るでしょう。

「合格率が高い!」と評判の通信講座を紹介

業界最大手だから出来る合格へのサポートと充実した通信講座です
通信講座

やっぱり通信講座は大手がサポートや教材も充実しています!卒業者の合格実績も十分ですので、本当に合格できるか不安の方にもオススメですよ。

もちろん管理人も「資格の大原」で一発合格に成功しました。難しいというイメージがあったんですが、大原なら驚くほど簡単に合格が可能です。