中小企業診断士 体験談

資格試験を受けた人の体験談 ①

それでは実際に中小企業診断士試験に合格するまでの道のりを実際の体験談を基に記します。

仮にAさんとします。
Aさんは通信講座による試験合格を目指していました。既に就職していた社会人です。

毎日ほぼ休まず1年間、通信講座による自宅での学習と、
通勤時間を利用した学習を重ねて模擬試験を受け、本番の試験に臨んだと言います。

通信講座でも資格の学校でも、とにかく自分のペースでやることが大事です。
と言うのは「マイペース」や「焦らずゆっくり」というものでは決してなく、
所謂学習計画を立てて勉強していくという事です。

合格(試験)までの期間を考慮に入れ、月ごと・週ごとに目標を立て、
その進捗を計画表に記入していきます。これが実は重要な事なのです。

試験は本番ではなく、勉強を開始するところから始まっています。
時間やお金を犠牲にして、勉強していかなければなりません。

そして勉強しているからと給料が出るわけでもなく、
勉強したからと合格すると決まったわけではありません。

中小企業診断士を目指す方全員に共通して言える事ですが、
とにかく準備期間が長いので如何にモチベーションを絶やさないかが重要になってきます。

Aさんはそのモチベーション維持のため、学習計画表を作った、というわけです。

「合格率が高い!」と評判の通信講座を紹介

業界最大手だから出来る合格へのサポートと充実した通信講座です
通信講座

やっぱり通信講座は大手がサポートや教材も充実しています!卒業者の合格実績も十分ですので、本当に合格できるか不安の方にもオススメですよ。

もちろん管理人も「資格の大原」で一発合格に成功しました。難しいというイメージがあったんですが、大原なら驚くほど簡単に合格が可能です。